【2023年版】Shopifyセキュリティ対策の徹底解説と安全性の高さ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の所要時間:6分

Shopifyは、世界中で利用されているECサイト運営のためのサービスプラットフォームであり、そのセキュリティ性が高く評価されています。

特に、近年ではオンラインショップの不正アクセスやデータ漏洩が頻繁にニュースに取り上げられる中、Shopifyはどのようなセキュリティ対策を施しているのでしょうか。

また、2023年に向けてShopifyを利用するにあたり、どのようなセキュリティ対策が必要とされているのでしょうか。

この記事では、Shopifyのセキュリティ対策の徹底解説とその高い安全性について、詳しく解説していきます。

Shopifyとは?安全なECサイト運営のために知っておくべきこと 

Shopifyは、世界中で利用されているオンラインショップ構築のSaaSサービスで、初めてのオンラインショップ運営者から大手企業まで、多くのユーザーに選ばれています。独自のノウハウと高いセキュリティ対策が取られており、安全にECサイトを運営するための重要な要素となっています。

Shopifyの基本的な特徴

・SaaS型のサービス

Shopifyは、サーバー構築や導入作業が不要なクラウド型のサービスです。ユーザーはWebブラウザさえあれば、世界中どこからでもアクセスしてショップを運営することが可能です。

・多機能なカスタマイズ性

Shopifyストアには、多彩なマーケティングツールやアプリが用意されており、自社のビジネスニーズに合わせて機能を追加・カスタマイズすることができます。

・セキュリティの強化

SSL暗号化通信が標準装備されており、クレジットカード情報や顧客の個人情報が安全に取り扱われます。また、PCI DSS準拠の対策が施されているため、信頼性が高いとされています。

なぜShopifyのセキュリティは信頼されているのか 

以下のような理由から、Shopifyは世界中の多くの企業や個人事業者に安全なECサイト運営のプラットフォームとして選ばれています。ショップ運営者は、安心してShopifyを利用し、ビジネスの拡大に専念できます。

PCI DSSの遵守

Shopifyは、クレジットカード業界のセキュリティ基準であるPCI DSSに準拠しています。これにより、クレジットカード情報を安全に取り扱う体制が整っています。

SSL暗号化

Shopifyのすべてのページ、コンテンツ、クレジットカード情報、およびトランザクションは、業界標準のSSL技術を使用して暗号化されます。

定期的なセキュリティチェック

Shopifyでは、外部のホワイトハッカーによるセキュリティテストを定期的に実施しており、潜在的なセキュリティホールの早期発見と対応を行っています。

二段階認証の導入

ログイン時にSMSやメールアドレスを利用した二段階認証を導入しており、不正アクセスを大きく防ぐことができます。

Shopifyサーバーの高性能と安全性

Shopifyは、多くの企業や個人が利用するオンラインショップ構築プラットフォームとして、全世界で認知されています。その背景には、Shopifyの高性能なサーバーとその安全性が挙げられます。

Shopifyのサーバーは、高い稼働率と表示速度を持つことから、常に顧客が快適にショッピングを楽しめる環境を提供しています。さらに、CDN(コンテンツデリバリーネットワーク)を採用しており、世界中どこからのアクセスでも高速なページ読み込みを実現しています。

安全性の面では、ShopifyはPCI DSS(Payment Card Industry Data Security Standard)に遵守しています。これはクレジットカード情報の取扱いに関する国際的な基準であり、Shopifyのサイトやアプリを利用する際、顧客のカード情報や個人情報が高度に暗号化され、不正アクセスや情報漏洩のリスクを最小限に抑えています。

Shopifyの国際認証:PCI DSSとISO27001 

クレジットカード情報などの顧客データを取り扱うWebサイトには、高い安全性が求められます。ここでは、Shopifyが取得している国際的なセキュリティ認証、PCI DSSとISO27001についてご紹介します。

PCI DSS認証のメリットと必要性 

PCI DSSは、クレジットカード情報のセキュリティ基準として、全世界で認知されています。ShopifyはこのPCI DSSに準拠しており、ショップの運営者や顧客は安心して取引ができる環境が整っています。

セキュリティ強化

PCI DSS認証を取得するためには、定期的なセキュリティチェックや脆弱性の検査が必要です。そのため、Shopifyは常にセキュリティを高めています。

信頼性向上

顧客にとって、PCI DSS認証を持つオンラインショップは、信頼性が高いと認識されます。これにより、購入時の不安を軽減することができます。

リスク軽減

不正アクセスやデータ漏洩のリスクを最小限に抑えることができます。

ISO27001とは?その重要性 

ISO27001は、情報セキュリティマネジメントシステム(ISMS)の国際規格です。Shopifyがこの認証を取得していることは、情報の機密性、完全性、及び可用性を確保している証拠となります。

情報の保護

個人情報やビジネスデータなど、Shopify上で取り扱われるすべての情報が保護されています。

安全性の確保

ISO27001は、不正アクセスや情報漏洩のリスクを低減するための対策が取られていることを示しています。

ビジネスの安定

高いセキュリティ基準により、ビジネスの中断や損失のリスクが大幅に減少します。

以上のように、ShopifyはPCI DSSとISO27001の認証を取得しており、オンラインショップの運営者や顧客にとって安全な環境を提供しています。これにより、Shopifyは信頼性の高いEコマースプラットフォームとして、多くのビジネスオーナーから選ばれています。

アクセス制御と認証方法:個々の安全対策

Shopifyでは、数々のセキュリティ対策を取り入れて運営しています。ここでは、アクセス制御や認証方法という個々の安全対策を取り上げ、その機能やメリットを詳しく解説します。

2段階認証でのアカウント保護

2段階認証は、近年多くのサービスで導入されているセキュリティ手法であり、アカウントの不正アクセスを防ぐための強力なツールとなっています。Shopifyも例外ではなく、2段階認証を導入してユーザーのアカウントを保護しています。

通常のログイン手順に加え、SMSやメールアドレスを通じて送信される一時的なコードの入力が求められます。これにより、パスワードが第三者に知られてしまった場合でも、2段階認証があることで不正アクセスを大幅に防ぐことができます。

また、Shopifyでは独自のアプリを活用した認証方法も提供しており、より高いセキュリティを求める店舗オーナーや運営者に大変役立ちます。

アクセス制限

アクセス制限は、特定の情報や機能に対するアクセスを制御する方法です。例えば、外部の開発者やマーケティング担当者など、ショップ運営に関わる多くのスタッフや外注先が存在する場合、全員に全ての情報や機能のアクセス権を持たせるのはリスクが高いです。

Shopifyでは、ユーザーごとのアクセス権限を詳細に設定することが可能で、商品の管理、注文データ、顧客情報など、必要な情報のみを特定のユーザーに開放し、それ以外の情報へのアクセスを制限することで、情報漏洩や不正操作のリスクを低減します。

また、時間によるアクセス制限やIPアドレスに基づくアクセス制限も設定できるため、業務の効率化とセキュリティ強化を同時に図ることができます。

オンラインビジネスを成功させるには、高いセキュリティ意識と対策が欠かせません。最新のノウハウや情報を常にキャッチアップし、安全な運営を心がけることが大切です。

Shopifyにおける常時SSLのメリットと重要性

SSLのメリット

情報の暗号化

SSLは情報を暗号化する役割を持っています。これにより、顧客がShopifyのサイトで入力した情報(例:クレジットカード情報、パスワードなど)は、第三者に盗まれるリスクを軽減します。

信頼性の向上

SSL認証を持つサイトは、ブラウザのアドレスバーに緑色のロックアイコンが表示されることが多いです。これにより、顧客はサイトが安全であることを認識し、安心して購入や情報入力を行います。

SEO対策

GoogleはSSLを導入しているサイトを好む傾向があり、検索順位にポジティブな影響をもたらす可能性があります。

データの完全性

SSLはデータの改ざんを防ぐ役割も持っており、送信された情報が途中で変更されることなく、正確に相手のサーバーまで届くことを保証します。

なぜ常時SSLが重要なのか

セキュリティ対策の基本

インターネット上での情報流出や不正アクセスのリスクが増加している現在、オンラインストアを運営する際の基本的なセキュリティ対策として、SSLの導入は欠かせません。

PCI DSS対応

クレジットカード情報の取り扱いに関する国際基準であるPCI DSSに準拠するためには、常時SSLの導入が必須です。

顧客の信頼獲得

Shopifyを使用する企業や店舗は、常に顧客の信頼を獲得し維持することが重要です。SSLの存在はそのための大きな要素となります。

マーケティング効果

セキュリティが強固であることをアピールすることで、新規顧客の獲得やリピート購入を促進する効果も期待できます。

以上の理由から、Shopifyを使用する企業や店舗は、常時SSLの導入を強く推奨しています。これにより、サイト運営者としての信頼性や責任を示すことができ、顧客の安全性を高めることができるからです。

24時間体制のセキュリティ監視:ホワイトハッカーとは

ECサイトの運営には、24時間のセキュリティ監視が不可欠です。Shopifyや他のEコマースプラットフォームは、この安全性を提供するための多くの機能や対策を持っています。特に、ホワイトハッカーの存在は、セキュリティの向上に大きく寄与しています。

ホワイトハッカーによる監視体制

ホワイトハッカーとは、セキュリティの専門家で、悪意のあるハッカーの手口を理解しているが、そのノウハウを善意の目的で利用する人々のことを指します。彼らはサイトの脆弱性を検知し、不正アクセスを防ぐための対策を構築します。

Shopifyやその他のオンラインショップの運営者は、ホワイトハッカーにセキュリティの監視を外注することが多いです。なぜなら、彼らはセキュリティホールや脅威を早期に発見し、適切な対応をとることができるからです。

さらに、SSL認証やPCI DSS準拠などのセキュリティ基準を導入することで、顧客のクレジットカード情報や個人情報の安全性を高めることが可能です。このような対策は、ECサイトの信頼性を向上させ、顧客からの注文が増える可能性があります。

Shopifyセキュリティ対策のまとめ 

Shopifyは、高いセキュリティ対策により、多くのECサイト運営者から信頼され、オンラインショップを安全に運営することができます。

その基盤となるのは、高性能なサーバー環境、SSLを利用した常時暗号化された通信、そしてPCI DSSやISO27001といった国際的なセキュリティ基準への準拠です。

また、ユーザーのセキュリティを強化するための2段階認証やアクセス制限の設定方法など、個々の安全対策も提供されています。

24時間体制のセキュリティ監視により、不正アクセスやセキュリティホールのリスクを低減するとともに、ホワイトハッカーによる監視体制も導入されています。これにより、不正なアクセスや攻撃を未然に防ぐことができます。

オンラインの取引量の増加とともに、サイバー攻撃の手口も日々進化しているため、Shopifyのセキュリティ対策は、今後さらなる進化を遂げるでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
おすすめリンクAD















ページ上部へ戻る