【2023年版】Shopify連携の全てを徹底解説!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の所要時間: 10分

Shopifyは、国内外で数多くの事業者に採用されるEコマースプラットフォームです。このシステムを最大限に活用するためには、様々な連携が不可欠。本記事では、Shopifyと連携が可能なサービスやアプリ、その機能やメリットなどを詳しくご紹介します。

連携による業務効率化や売上向上のポイント、主要SNSとの連携方法、API(Application Programming Interface)を用いた在庫管理やデータの一元管理など、Shopify運用に関するノウハウを詰め込んでいます。

また、導入前に必要な資料の整理方法や、連携の際のテストやデータバックアップの重要性も解説。Shopifyの連携について徹底的に解説します。

既にShopifyを利用している店舗運営者やこれから導入を検討している事業者、また外部の連携サービスを提供する企業の方々にも役立つ情報満載の記事となっております。

Shopify連携の重要性とメリット

Shopifyは、世界中で多くの企業や個人事業者に利用されています。多機能かつユーザーフレンドリーな設計で、自社のオンラインショップを効果的に運営するための強力なサポートを提供します。

そして、このShopifyの真価は、さまざまな外部サービスやアプリとの連携にあります。それでは、なぜShopifyとの連携が注目されているのでしょうか?

連携による業務効率化と売上向上

Shopifyを中心とした業務効率化の一例として「在庫管理」が挙げられます。多くの店舗や企業が、自社の倉庫や店舗在庫をリアルタイムで一元管理することで、顧客に対する正確な商品情報の提供や、迅速な出荷対応を行うことが可能となります。APIやWebhookを活用することで、外部の在庫管理システムや物流業者とのデータ連動もスムーズに行えます。

また、マーケティングの観点から見ても、SNS(例:Facebook, Instagram, Twitter)やメールマーケティングツールとの連携により、効果的な顧客コミュニケーションやキャンペーンの展開が容易になります。

このように、連携することで、業務の自動化や顧客との接点の最適化を実現し、結果として売上向上に繋がります。

連携することで実現可能な新機能

Shopify単体でも強力な機能を多く持っていますが、外部のアプリやサービスとの連携を積極的に行うことで、さらなる拡張やカスタマイズが可能となります。

例えば、特定のCRMツールや顧客対応のチャットツールを導入することで、購入後の顧客フォローや問い合わせ対応をより効率的に行えるようになります。

また、LINEやFacebookなどのSNS連携を活用すれば、自社ショップのマーケティング活動や顧客とのコミュニケーションが大きく強化されます。

さらに、独自の販売戦略や施策を行いたい企業にとって、自社のニーズに合わせた機能追加やカスタマイズが、連携により容易に実現可能となります。

以上のように、Shopifyとの連携は、業務の効率化や売上向上、新機能の追加という多角的なメリットをもたらします。これからのEコマースの時代において、連携の取り組みは避けて通れない重要なステップとなるでしょう。

Shopifyと連携できる主要SNS

現代のEコマースでは、顧客との接点を増やすために、SNSとの連携が欠かせません。Shopifyを利用する事業者にとって、これらのプラットフォームとの連携は、販売、マーケティング、顧客サポートにおいて効果的な方法となります。

以下では、Shopifyとの連携が可能な主要なSNSの連携機能とそのメリットをご紹介します。

LINE

【連携機能】

Shopifyでの商品情報や在庫情報を、LINEの公式アカウントやショップページに自動で同期。顧客はLINE上で商品の詳細を閲覧、購入することが可能。

【メリット】

  1. 顧客とのコミュニケーションの強化

LINEメッセージを通じての直接的な問い合わせ対応や通知が行える。

  2. 効率的な在庫管理

一元管理のシステムを利用して、在庫の更新や注文の受注情報をリアルタイムで確認可能。

  3. ショッピング体験の向上

LINE上での購入プロセスは簡単でスムーズ、顧客満足度が向上する。

Instagram

【連携機能】

Shopifyの商品情報をInstagramのショップ機能と連携し、投稿画像から直接商品ページにリンク可能。

【メリット】

  1. ビジュアルな商品紹介

Instagramはビジュアル中心のSNSであり、商品の魅力を画像や動画で直感的に伝えることができる。

  2. 新規顧客獲得

Instagramの巨大なユーザーベースを活用して、ブランドや商品への露出を増やす。

  3. 効果的なマーケティング

Instagramの広告やストーリーズ機能を利用して、ターゲットに合わせた商品紹介やキャンペーンを展開可能。

Facebook

【連携機能】

ShopifyとFacebookショップを連携させ、商品情報の同期やFacebook上での直接販売が行える。

【メリット】

  1. 多様な顧客層へのアクセス

Facebookの幅広いユーザーデモグラフィックを利用して、様々な顧客層へアプローチ可能。

  2. 集客と広告

Facebook広告を活用して、ターゲットとなるユーザーに商品やキャンペーン情報を効果的に届ける。

  3. コミュニティ構築

Facebookページやグループを活用して、ブランドのファンや顧客との関係を深化させる。

Shopifyとこれらの主要SNSの連携は、今後のEコマースの成功に欠かせない要素となるでしょう。連携の導入を検討している事業者は、上記のポイントを参考に、効果的な運用方法を模索してみてください。

Shopifyと連携できるECモール

Shopifyは、多様なECモールとの連携が可能で、その機能を最大限活用することで効率的な運営をサポートしています。

商品情報の一元管理や在庫管理の自動化、顧客データの連動など、各モールとの連携がもたらすメリットを具体的に考察します。

Amazon

【連携機能】

商品情報同期

ShopifyとAmazonの間で商品情報の同期が可能。これにより、商品の在庫管理や価格の一元管理が簡単に行える。

受注情報の自動取得

Amazonからの注文情報をShopifyで自動的に取得・管理することが可能。

在庫管理の自動化

在庫の変動があった場合、それを自動的にAmazonとShopifyの両方で更新することができる。

【メリット】

1. 業務効率化

商品情報の更新や在庫の管理を一元的に行えるため、業務の手間が大幅削減。

2. 売上向上

Amazonの巨大な市場を利用し、Shopify店舗の商品を多くの顧客に紹介することが可能。

3. 顧客情報の一元管理

Amazonからの購入者情報もShopifyで一元的に管理することができ、マーケティング活動に活用できる。

楽天

【連携機能】

商品データの自動取り込み

Shopifyでの商品情報を楽天市場にも自動的に反映させることが可能。

受注・出荷情報の連動

楽天からの注文をShopifyで確認し、出荷作業もスムーズに行うことができる。

顧客データの同期

楽天での顧客データもShopifyに取り込むことができる。

【メリット】

1. 販売チャネルの拡大

楽天という日本国内最大級のECモールと連携することで、より多くの顧客に商品をアピールすることが可能。

2. 業務のシンプル化

二重の商品更新や受注処理の手間を削減し、業務の効率を上げる。

3. 顧客対応の向上

両プラットフォームの顧客情報を一元管理することで、顧客対応の質を高めることが可能。

APIとアプリを使ったShopify連携の進め方

APIを用いた在庫管理とデータ連携

Shopifyを運営する上で、在庫管理やデータ連携は避けて通れない要素です。APIは、これらの作業を効率的に行う強力なツールです。APIを利用することで、自社の倉庫システムや他の業務システムと連携し、一元管理が可能になります。

在庫管理

APIを使った在庫管理では、実際の在庫とオンライン上の在庫をリアルタイムで同期することが可能です。これにより、売り切れのリスクを大幅に削減し、顧客満足度を向上させることができます。

データ連携

APIを活用することで、顧客データや購買履歴、商品情報などを他のシステム(CRM、会計ソフト等)と連携することができます。これにより、販売分析やマーケティング施策をより効果的に行えます。

人気の連携アプリとその活用方法

Shopifyストアの運営をさらに効率化するためには、様々な連携アプリを活用することが有効です。特に以下のようなアプリが人気です。

顧客管理アプリ

顧客管理アプリは、企業や店舗が顧客の情報や対応履歴、購入履歴などを一元的に管理するためのツールです。これにより、マーケティング活動や顧客対応、再購入を促す施策などの取り組みが効率化されるとともに、顧客満足度の向上が期待されます。

HubSpot

HubSpotは、ShopifyストアのデータをHubSpotが提供するCRMと統合するアプリです。オンラインストアのデータを簡単に同期・セグメント化し、効果的なマーケティングキャンペーンを実施できます。顧客データの収集や詳細なレポート作成も可能。

さらに、マーケティング分析のカテゴリーに属し、多様な価格設定が提供されており、ビジネスの成長を強力にサポートします。

Easy Tagging by DevCloud

Easy TaggingはShopifyストアの注文、商品、顧客に自動的にタグを追加するアプリです。特定の基準に一致する注文、商品、顧客にタグを自動的に追加することができます。

さらに、AIアシスタントを使用して、必要なタグ付けルールを簡単に作成することができます。このアプリは、効率的なタグ管理を実現し、ストアの運営をよりスムーズにするためのツールとして機能します。

チャネルトーク|CRM×接客チャット×マーケティング

チャネルトークはShopifyストアオーナー向けの接客チャット&CRMツールです。22カ国、12万社以上が利用しており、顧客との関係を強化します。

このツールは、カスタマイズされた接客でリピーターを増やすサポートを提供。オールインワンのコミュニケーション、直感的なUI/UX、CRMでの顧客情報管理、接客質の指標確認、カスタマイズ可能なチャットbot作成機能を備えています。これにより、効果的な顧客対応と関係構築が可能です。

料金計算アプリ

料金計算アプリは、特にオンラインストアや物流業界で利用されるツールであり、商品の送料やサービスの料金を正確に計算することをサポートします。顧客に対して透明性のある価格設定を提供することで、信頼性を向上させるだけでなく、企業側も正確な利益計算を行うことができます。

Advanced Shipping Rules

Advanced Shipping RulesはShopifyストアの配送料を細かく設定するためのアプリです。シンプルから複雑な配送料の要件を簡単に設定することができます。

このアプリは、特定の地域への商品の発送を制限する機能や、リアルタイムのキャリア料金を高度に設定する機能など、多岐にわたる配送料の設定オプションを提供します。さらに、顧客とのコミュニケーションを強化し、効果的な配送料の管理をサポートします。

Calculated Prices

Calculated Pricesは、商品やそのバリエーションの価格を動的に計算するためのさまざまな入力パラメータを提供するアプリです。このアプリを使用すると、幅や長さ、テキスト、材料、彫刻テキストなどの要因に基づき、商品の価格を柔軟に設定できます。

さらに、このアプリは高度なUIセットを持ち、商品の価格を一括で変更するグローバルパラメータや、詳細な価格計算のためのスクリプト式を利用することができます。

マーケティング支援アプリ

マーケティング支援アプリは、ブランドや企業が商品やサービスを効果的にプロモートするためのツールとして用いられます。デジタルマーケティングの時代において、これらのアプリはターゲットオーディエンスに届けるメッセージの質や効果を向上させるための必要不可欠なものとなっています。

Shopify メール

Shopify メールは、メールマーケティングアプリです。このアプリを使用することで、Shopifyのドラッグ&ドロップエディタを活用して、ブランディングされたメールを簡単に作成することができます。販売に特化したテンプレートを使用することで、ストアの商品や価格、チェックアウトリンクなどをメール内で紹介することが可能です。

さらに、お客様セグメントに合わせてメールをカスタマイズし、直接商品の購入を促すことができます。

Yotpo:UGCマーケティング

YotpoはShopifyストアのレビューや写真、Q&Aの収集を支援するマーケティングプラットフォームです。多くのブランドがYotpoを使用して、SNSの活用促進を図り、トラフィックの増加や売上向上を実現しています。

このアプリは、顧客の声を活用して信頼性を高め、購入意欲を刺激することができます。また、レビューの収集や表示、SNSでのシェアなど、多岐にわたる機能を提供しており、ECサイトのマーケティング活動を強化するための有効なツールとなっています。

在庫管理アプリ

在庫管理アプリは、商品の在庫状況を効率的に把握、管理するためのツールとして多くの企業やオンラインストアで使用されています。正確な在庫管理は、顧客への迅速な対応や売上の最大化、在庫コストの削減に繋がります。

Stocky

StockyはShopifyの在庫管理アプリで、特にShopify POS Proユーザー向けに開発されました。このアプリを導入することで、在庫管理を効率化し、実店舗の運営を戦略的に強化することが可能です。

主要な特徴として、サプライヤーとのスムーズなコミュニケーションのための発注書作成、高利益商品の推奨、迅速な在庫補充、商品の店舗間移動、手動やスキャンを利用した在庫確認・調整、そして在庫状況の詳細分析をサポートするレポート機能があります。これにより、在庫の最適化とビジネスの成長をサポートします。

Back in Stock: Restock Alerts

Back in StockはShopifyのアプリで、商品が再入荷した際に顧客に通知する機能を提供します。このアプリを使用すると、顧客は商品の再入荷を簡単に知ることができ、その結果、販売の機会を増やすことができます。

主な特徴として、プッシュ通知、メール、SMSでの再入荷通知、カスタマイズ可能なメールやテーマ、メールマーケティングの統合、在庫の分析を通じての詳細なレポートなどがあります。このアプリを利用することで、顧客とのコミュニケーションを強化し、売上を向上させることが期待できます。

各アプリは月額料金や一定の費用がかかる場合もありますが、業務効率化と売上向上の観点から、投資として十分に見合うメリットがあります。

これらの連携アプリやAPIを活用することで、Shopifyでのオンライン販売をよりスムーズかつ効率的に行うことができます。連携の方法や選定基準は、自社のニーズや予算に応じて慎重に検討する必要があります。

Shopify連携の導入ステップと注意点

Shopifyと他のシステムやサービスとの連携は、業務の効率化や顧客対応の向上に寄与します。ここでは、Shopify連携の導入ステップとその際の注意点について詳しく解説していきます。

導入前に必要な資料と情報の整理

連携を始める前に、以下のような資料や情報の整理が必要です。

1. 目的の明確化

何のために連携を行うのか、目的を明確にしておくことが重要です。例えば、在庫の一元管理を目的とする場合や、顧客の購買履歴をAPI経由で取得し、マーケティングの施策を行う場合など、目的に応じた連携の方法が存在します。

2. 必要なAPIキーの取得

連携するサービスやアプリによっては、APIキーの取得が必要となります。Shopifyの管理画面や連携先のアカウント設定から、必要なAPIキーを取得しておきましょう。

3. データのバックアップ

連携によっては、データが上書きされるリスクがあります。重要なデータは事前にバックアップを取っておくことをおすすめします。

4. 連携先の選定

Shopifyと連携可能な外部サービスやツールは多岐にわたります。自社のニーズや業種、事業規模に合ったものを選定することが重要です。

連携のテストとデータバックアップの重要性

Shopifyと他のサービスやアプリを連携させる際、最も重要なのは「連携のテスト」と「データのバックアップ」です。

まず、APIや外部サービスとの連携を行う際、システム間の情報の受け渡しは常にスムーズに行えるとは限りません。例えば、商品の在庫情報を外部の倉庫管理システムと連携させる場合、APIの仕様や設定ミスが原因で、在庫の不整合が発生する可能性があります。このようなトラブルを避けるために、実際に連携を行う前に十分なテストを行う必要があります。

また、前述したように、データのバックアップは連携の過程で問題が発生した際の安全対策として非常に重要です。データの不整合や失敗に備えて、連携前の情報をしっかりと保存しておくことで、問題が発生した場合でも迅速に対応することができます。

Shopifyを利用する場合、多くのAPIや外部サービスとの連携が考えられます。そのため、前述の点に注意しながら、自社のビジネスニーズに合わせて連携を構築することが重要です。効率的な運用のためにも、連携のテストとデータのバックアップの重要性を常に心掛けることが必要です。

最後に

Shopifyを活用する際の連携の重要性とそのメリットを網羅的に検討した本記事では、業務効率化や売上向上を実現する新機能の導入を中心に、その実現方法としての主要SNSやECモール、API、各種連携アプリの活用方法を具体的に解説しました。

また、導入を検討する際のステップや注意点、さらには連携を通じて実現可能になる具体的なメリットも明らかにしました。

Shopifyとの連携は必要不可欠です。正確な情報と適切な手順に基づいて連携を進めることで、ショップの成功への道を確実に進めることができます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
おすすめリンクAD















ページ上部へ戻る